ドリカムの『マスカラまつげ』の歌詞に共感!切ない心境が痛いほど伝わる

この曲は別れ話をしに向かう女性の気持ちを歌っています。主人公の女性は、ウォータープルーフのマスカラのはずなのに、涙の量が勝ってしまいグレーの涙を流します。

『マスカラのまつげに ぽろりグレーの涙あなたの記憶 さいごの私は みごとパンダ顔』

(中略)

朝からがんばった 2回やり直した自分でできるいちばんかわいいわたしになって目力に願いを込めて 思いがもう一度届くように』

『朝からがんばった 2回やり直した』この部分とてもひたむきで共感できます。女性ならお分かりかと思いますがアイメイクを2回やり直すのはとてもめんどくさいものです。

普段ならまあいいか!となってしまいがちですが、大好きな彼と恐らく恋人として最後のお話になるのでしょう、、『いちばんかわいいわたしになって』この歌詞、とても切ないですね。

彼に可愛いと思われたいのは当たり前ですが、別れ話になると分かっていてもいちばんかわいいわたしで会いに行こうと思うその心はとても共感できます。泣いてしまうとメイクが崩れてしまいます。

もちろんそんなこと分かっています。話をすればきっと自分は泣いてしまう、そうしたらマスカラが落ちてグレーの涙を流すことになる、、それを全て分かった上で2回もやり直しているのです。健気で可愛らしいと思いませんか?

後半には

『明日からはひとりで ただ空っぽのこころに増すから あなたへの思いだけは』

と、韻を踏んでとても印象的です。一人ぼっちになったのに思いだけは増していく。一方、マスカラは落ちてグレーの涙に変わる、、とても印象深く恋のおわりを美しく描いています。まさに物語と言ってもいいでしょう。

感動する歌が人生を変える

音楽って普段何気なく聞いてますが、人生を変えるほど影響を受けることもあります。つらいとき、もし音楽がなかったら立ち直れなかったかもしれません。

どんな状況であっても自分の味方になってくれた歌とそれを作ってくれたアーティストに感謝です。元気が出る歌、感動する歌一覧にたくさんいい歌が紹介されているのでパワーが欲しいと思っている人は是非!