クレジットカードで買い物した場合の料金支払い方法

ETCカード・クレジットカード

クレジットカードで買い物をした場合、店員から支払い方法を聞かれますよね。支払いの回数が多い方が、1度に出ていくお金も少ないのでお得に思えるかもしれません。今回はクレジットカードの支払い方法の落とし穴などについて紹介します。

クレジットカードの手数料

一般的な買い物の場合、1回払いを選択する人がほとんどです。私も1万円以下の買い物の時は1回払いにしています。クレジットカードは1回払い、2回払い、それとボーナス1回払いは手数料は必要ないんです。

逆に2回以上の分割払いやリボ払いは金利手数料がかかってしまうので、買い物金額以上の支払いが必要となってきます。金利のことに詳しくない人、クレジットカードを持ち始めの人は1回払いを使うことをオススメします。分割払いやリボ払いは1度に支払う金額は少なくても手数料がかさみます。便利なのですが、便利な分の手数料と考えてください。

リボ払いには注意

ドラマなどでありがちなローン地獄は、分割払いやリボ払いによって訪れるものです。例えば1万円の買い物をして、5回払いにすると1回に支払うのは2千円です。しかし、金利手数料がかかるので2千円と少し支払わなければいけません。

1度に支払うのは2千円と少しならもう少し買っても大丈夫か、と考える人もいます。しかし、その2千円と少しが2つ、3つ、4つになると支払い金額も増えますよね。これがいわゆるローン地獄というものです。1度に支払う金額が少ないからといっても、積もれば大金です。

気づけば1ヶ月に10万円超えの支払いになっていた、というケースもあります。私も一時はそういう時があったのですが、リボ払いの恐ろしさを知って、1回払いオンリーにしましたね。総合的な返済金額を計算したら、とんでもない金額になりました。

リボ払いや分割払いは手軽ですが、落とし穴があることも覚えておきましょう。クレジットカードの申し込み時、スタッフはわざわざリスクを説明しません。そのため、リボ払いなどに対して認識が甘い人も珍しくないみたいです。クレジットカードを使う以上、しっかりとリスクに関する知識も蓄えておかないと大変ですよ。

ETCカードを作るならクレジットカードが必須!

クレジットカードにETC機能を付帯している人も少なくはないですよね。もし、支払いが滞った時、ETC機能はどうなるのだろうと思いませんか?実は、ETCカードは支払いが遅れても利用出来るという特徴を持っています。もちろん支払いを滞納していることで、その人の信用履歴にはばっちり乗るのでオススメ出来ません。

etcカードのおすすめは年会費無料で決まり

カードの支払いが滞っても使えるよ、ということだけです。ただし、支払い延滞などでクレジットカードが解約になったら必然的にETC機能も使えなくなります。他にもデポジットとして預けている金額が80%を超えた場合、強制的に解約になるので気をつけましょう。心配であれば支払いは滞らせないことが一番です。

支払いが滞りそうならリボ払いも検討する

ただ、どうしても支払いが滞ってしまうという場合もあるかもしれません。そんな時は、あとからリボなどを活用しましょう。あとからリボは名前でわかるかもしれませんが、1回払いで購入したものをリボ払いに変更出来るのです。

そのため、支払いの負担が減ります。ただし、あとからリボなどは積み重なると金利手数料で総合的に高額を支払う場合があります。そうならないためにも、あまり多用しない方がいいでしょう。ちなみに、このあとからリボはカードごとに締切期間が設けられています。

ほとんどが10日~1週間前までなので、カードごとの締切を確認しておいてください。間に合わない可能性もあります。クレジットカードは無理なく使うものです。残高があるからといって、それは貯金ではありません。

残高=貯金と考えている人も珍しくないのは、間違った知識を持ってしまっているからです。そのことを間違えてしまうと、ローン地獄に陥りかねないので気をつけましょう。